読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル音楽に偏見のあったバンドマンが行った初めてのモー娘。コンサート

先日12/8のモーニング娘。'15の武道館公演へ初めて行ってきました。



今までブログみたいなものは書いたことが無いのですが、色々感動する事が多かったので忘れないうちにテキストとして残しておこうと思います。
初めて書くので駄文ですが読んでくださる方がいたら嬉しいです。
(書き方よくわからなくて、文字の大きさがバラバラになっちゃってます)

まず自分がどういった経緯でモーニング娘。'15を知ることになったかを軽く書くと、

自分はバンドサウンドが好きなのですが、今まで色んな偏見とかもあったりして、アイドルの音楽に耳を傾けてみようと思ったことがありませんでした。


そんなアイドルに興味が無かった自分ですが、2013〜14年くらいから自分の好きなバンド界隈(Base Ball Bear、OKAMOTO'S、赤い公園、etc…)でハロプロの名前をよく見かけるようになり気になっていました。

中でもハマ・オカモトが大好きで、今もずっと彼のルーツを掘り続けています。
そして、ハマ・オカモト氏のルーツとなる音楽を紹介するネット連載サイトの第9回の連載でハロプロの紹介がありました。(http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/5846

この時アンジュルムの大器晩成で初めてハロプロの音楽を真剣に聴いたのですが、この時の衝撃は凄かった!
テンポ146くらいのちょっと早めの4つ打ちっていう「またそれかよっ」っていう超流行りのビートなんだけど、なんかアレンジが「またそれかよっ」感が全くしなかったし、単純にめちゃくちゃかっこいいなぁと思った。
Music+でレコーディング風景を見たら「レコーディングとかガチじゃん!笑」っていう笑

因みに大器晩成ではサビ後の間奏でトーキングモジュレーターというエフェクターが使われてますよね。
大器晩成発売後に出たOKAMOTO'SのアルバムOPERAに収録されているTOMMY?という曲ではトーキングモジュレーターがOKAMOTO'S史上初めて使われてるんです。
これ大器晩成からの影響だと確信してます。(どうでもいいですね笑)
TOMMY?/OKAMOTO'S
0:15〜0:30あたりでトーキングモジュレーターめっちゃ使われてますね。

そこからは今に至るまで、ハロプロは少しずつ聞いてます。
いかんせん歴史があるからCD借りるのも大変で笑
(3rd Loveパラダイスはかなり名盤!)

ハロプロのプロモーション担当の人は、バンドマンにもハロプロの音楽性がもっと伝わるようにするべきだと思います。
(もちろん努力はされてるのだと思うんですけどね)

Juice=JuiceのGIRLS BE AMBITIOUSとかJETじゃん!って面白がってくれる人いっぱいいると思うんだけどなぁ。
Are You Gonna Be My Girl/JET

他にもハロプロにはT-RexThe Knack、CHICとか色んな所からサンプリングしてて本当に面白い。

ハロプロについて語ってても話が尽きないので、後日またハロプロの音楽性については記事にできたらなぁと思います。
そろそろ武道館のお話をしたいと思います。


当日、武道館に着いたら、まぁ女性ファンの多いこと!
平日っていうのも関係あるとは思うけどちょっとビビりましたよ笑

正直、若い女性ファンと会社帰りのおじさんばっかりで19歳男子の自分はかなり肩身が狭かったです笑
友達いないと辛いなぁ

開場時間になったらすぐ入場しました。

座席は初めてのアイドルのライブっていうのもあって、2階の1番後ろの席でした。
でもやっぱり武道館は傾斜がすごいから後方でも見やすいしそこまで遠くない!
ただ毎回思うけど、傾斜がきつすぎてちょっと怖い笑

開演前にその日の公演で鞘師里保ちゃんのモーニング娘。での単独公演はラストということで、赤いサイリウムが配られました。
話を聞くと、全部ファンの方の有志でやってるみたいで本当に凄いなぁと感動しました。

公演が始まると、メンバーの輝きがとにかく凄い!

以下、印象に残ってることを少し書いていきます。

曲に関しては自分の中での音楽性が固まっちゃってるっていうのもあって、好きじゃないなっていう曲もあったりするんです。
ただ、メンバー紹介のVTRからのスカッとMy Heartと摩天楼ショーのファンクな流れは本当に最高でした!
摩天楼ショーはダンスもファンクっぽくて、真似したくなった!
本当に好き!

あと凄いよく言われるモー娘。の16ビート感を凄い体感した。
Ambitious!野心的でいいじゃん とかテンポ160くらいでも16分のハイハットずっと鳴ってんだもんね。

間の3人のMCは牧野まりあちゃんがただただ可愛かった笑

鞘師里保ちゃんの大阪恋の歌はダンスがキレキレで感動!
ダンスのことは詳しくはわからないけど、素人目ではすんげぇキレキレで感動した。

この曲CMで使われてた所のメロディだけめっちゃダサいけど、あの部分のメロディをまるごともうちょいかっこいいメロに差し替えればかなりかっこいいと思う
イントロとかめちゃくちゃかっこいい


ラストMCの佐藤優樹ちゃんの言葉から石田あゆみちゃんの言葉にかけてはモー娘。を知ってまだ浅い自分でもちょっと泣きそうになりました。

公演の具体的な感想はたくさんあるんですけど、自分の文章力じゃこれ以上書いてもグダグダになるだけなので、というかすでにグダグダだということに気付いたので(笑)最後に全体を通して1番感動したことを書いて終わりたいと思います。

自分が1番感動したのは、モーニング娘。のライブは本当に愛で溢れてるなぁっていうところ。

先に示した有志のサイリウム企画もそうですが、コールの一体感や、鞘師里保ちゃんのMCに対して「待ってるよー」っていうファンのかたの声とかね。

特に感動したのはアンコールの時の鞘師コール。
あれは凄いですよ。

他のアイドルでもあんなになったりするのかな?
少なくともバンドのライブでは、小さなライブハウスとかならまだしも、武道館クラスの大きさでのライブだとアンコールなんて形式化されて客の半分も声出したりしないのが普通になってきてるのが現状じゃないかなと思います。(手拍子だけする人が多い)

モーニング娘。のファンはみんな全力じゃないですか!
すげぇなぁって心から思いましたね。
モー娘。ファン温かいなぁ、愛に溢れてるなぁって。

さすが18年間音楽シーンの前線に立ち続けるだけあるなぁと思いました。

かつてThe WhoのPete Townshendが「ロックンロールというのは、アーティストとオーディエンスとジャーナリストが三位一体でせめぎ合う進化したアート・フォームだ。」って言ってました。

ハロプロはこの三位一体の関係がしっかりしてるから、18年間も続いてるんだろうなぁって思いました。

日本の今のバンドシーンはこの関係がしっかりしてないと思うんです。
あるいはしょうもないバンドにばかりジャーナリストがフォーカスを当ててオーディエンスもそこに群がるみたいな感じ。

モー娘。のファンみたいな高い熱量を持ったファンがかっこいいロックバンドにも増えれば日本の音楽シーンは変わっていくんだろうなぁと思いました。


ハマ・オカモト氏も言ってましたが、モー娘。のライブは本当に学ぶことが多かったです。

パフォーマンスをするというよりは、ステージを作るっていう感じ。
エンターテイメント性が凄い。
クロバットや衣装の早替えや特効による演出とか、あらゆる手で客を楽しませようとしてくれてる。
バンドでいえば、PファンクやEarth,Wind&Fireみたいな、ライブっていうよりショーみたいな感覚。


夏フェスに半袖短パンできて、演奏だけかっこよければいいでしょ?みたいなバンドは本当に見習うべき。
そういうバンドは絶対かっこいい音鳴らせないから。


バンド好きとして思うこともたくさんありましたが、そんな事は抜きに単純に楽しかったし、感動もしたライブでした。

またハロプロのライブには遊びに行きたいと思いました!(ちょっとチケット代高すぎだけど笑)

鞘師里保ちゃんお疲れ様でした!
残り少ないモーニング娘。人生を楽しんでください!!